橋口 麻紀
2012年7月
« 6月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
橋口 麻紀/HASHIGUCHI Maki
modus vivendi

PR Coordinator。1990年よりイタリアのアイウェアのPRに携わり、現在はmodus vivendi(株)の代表としてアイウェア、イタリアのブランドのPR coordinatorとしてイタリアのプロダクトやスタイルをPR。modus vivendiとは、「ライフスタイル」の意味。長きにわたるイタリア人との仕事をつうじて、日本人から見た、イタリアのライフスタイルを提案中。


月別アーカイブ: 7月 2012

美味しい食事とホスピタリティ。

毎日夏らしい日が続いていますね。夏はなんだか、食が細くなるといいますが今まで嘗てそんなことはないな~と、毎年のことながら思うのです。夏は、夜もなんだかゆったりできるし、リラックスするような。イタリアは、日が暮れるのも遅いし、なおさらゆったりディナー。まずは、アペリティーボして、、みたいな。

夏の夜を楽しむべく、先日久々に大好きなレストラン「Ristorante da Nino」へ。シチリア料理のこのお店。シチリア出身にNinoがオーナーシェフ。

もちろん、海の幸をメインとした数々のメニュー。何せ、フレッシュで美味しい。そして、このお店のトーンアンドマナーにも脱帽。いつも笑顔で迎えてくれるNino。お料理は、ホスピタリティーでさらに美味しくいただけるとまたもや痛感。

まずは、アンティパストがこれ。ペッシェ カルパッチョ ミスト。驚くほどの新鮮さと、シチリアらしくオレンジと一緒にいただく、夏の夜に最高のプレートからスタート。

さてさて、プリモピアットに。イカ墨のリゾット!!

イカ墨とバター(勝手な想像。。)と、イカのバランスが最高。そして、なんてたってこのプレゼンテーション。イタリア料理も繊細なのです。

そして、まさかのプリモピアット2。ボッタルガ、ソラマメ、トマトの手打ちふうパスタ。口の中で、すべての食材のハーモニーたるや、、涙が出そうでしたw

 

そして、セコンドピアット。ペッシェ グリリアータ ミスト。もう、気絶しそうな美味しさ。目にも鮮やかなペッシェの数々。なんだか、シチリアにいるような気分にも。

などなど、おうちゴハンでは味わえない、イタリアのテイスト。明日からイタリアに行く私としては、ここ東京のイタリアンが懐かしくなるにでは??など、勝手な思いに。

美味しいお食事に最高のホスピタリティー。これがバランスよく配合されると、幸せを感じますよね。

http://www.ristorante-da-nino.jp/


カテゴリー: 未分類 |