橋口 麻紀
2013年4月
« 3月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
橋口 麻紀/HASHIGUCHI Maki
modus vivendi

PR Coordinator。1990年よりイタリアのアイウェアのPRに携わり、現在はmodus vivendi(株)の代表としてアイウェア、イタリアのブランドのPR coordinatorとしてイタリアのプロダクトやスタイルをPR。modus vivendiとは、「ライフスタイル」の意味。長きにわたるイタリア人との仕事をつうじて、日本人から見た、イタリアのライフスタイルを提案中。


日別アーカイブ: 2013年4月3日

デスクワークのお供。Ray-Banの真骨頂。

今日は、昨日に引き続き雨。。。その上、春の嵐。桜も今日の嵐とともに桜吹雪で終わりかと。今年も心が躍った桜のシーズン、今週から4月ということで新芽とともに気持ちも新たにスタート週ですね。

昨日からの本降り。そんなわけで、今日もたまっているデスクワーク。最近、PCをデスクでも外出先でも、まー使用する機会が多くなっている。。そんなこんなもあってか、オプティカルフレームを最近長い時間かけるようになった気がする。

サングラスは年中欠かさずかけているものの。いわゆるメガネには、手が届かず。(まわりの人には、推奨しておきながら、お恥ずかしいのですが。)

もちろん、ファッションコーディネイトとしてはかけることがあっても。。実際に仕事中にかけるとなるといつのまにか、サングラスのように頭に載ってることが多く、意味がないことが多かったような。

そんな自分が、仕事中にかけるフレームにやっと出会えたのです!!Ray-BanのLight Rayコレクションの中の、このリムレスモデル!

なんてたって、軽いのです!仕事中も気にせずかけていられるのは、このかけていることを忘れてしまうほどの究極の軽さかと。なんと、レンズ以外のフレームの重さが1.7g。

思わずびっくりなのです。1.7gのものってなんだろう?って考えてしまったり。

軽さだけではなく、柔軟性にもすぐれていて、おまけにベータチタン製。

Ray-Banが1937年に誕生の際、機能性を搭載したサングラスからスタート。アメリカ空軍制式要請から誕生したことからも、いかに機能性に優れているかがわかりますよ。。掛ける人の、視界をクリアにするのがRay-Ban。

今は、ファッションサングラスのイメージが強いと思いますが、機能という実力も兼ね備えているのです。Ray-Banは。

なんとなく、Mac Airとの相性が良い感じ。

軽さ以外にも、掛けていて全くもってずれないこの安定感も良いのです。そして、落としたりしても大丈夫なこの柔軟性。

その上、ちょっと踏んでも壊れない?のではの思うのは、このネジなしの作りかと。

機能性ももちろんのこと、このミニマムなデザインがとても惹かれるのです。リムレス自体が非常にミニマムなので、この究極なシンプルがデザインにもなっているのがまた良いのです。

ここ数年、セルフレームのトレンドに押され気味だったオプティカルフレーム。究極のミニマムデザインのリムレス。機能性も相まって、ブームになること間違いなし!!

機能性というお堅いイメージかと思いきや、こんなFunnyなイメージ。

流石のイタリア!そして、Ray-Ban。

 

究極の軽さを体験してみては??

http://www.ray-ban.com/japan/science/light-ray

 


カテゴリー: 未分類 |