橋口 麻紀
2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
橋口 麻紀/HASHIGUCHI Maki
modus vivendi

PR Coordinator。1990年よりイタリアのアイウェアのPRに携わり、現在はmodus vivendi(株)の代表としてアイウェア、イタリアのブランドのPR coordinatorとしてイタリアのプロダクトやスタイルをPR。modus vivendiとは、「ライフスタイル」の意味。長きにわたるイタリア人との仕事をつうじて、日本人から見た、イタリアのライフスタイルを提案中。


月別アーカイブ: 6月 2014

サングラス通信。Vol.18 GIORGIO ARMANIアイウエア 嬉しすぎる復刻!!

寝不足の方が多い今宵ですよね~。

日本もイタリアも、残念ながら本日で敗退ですね。。

イタリアのサッカー、以前は凄く強かったのに。。。なんてイタリアをちょっと思いながら今日のブログです。

今回、25年ぶりにGIORGIO ARMANIのアイウエアが復刻しました。
その話を聞いたとき本当に嬉しく、そして懐かしく、なんだか心がワクワクしました。

というのも、もちろんこのアイウエアのデザインが究極のミニマリズムで最高なのですが、
私がこのアイウエアのお仕事を、このARMANIのアイウエアと共にスタートしたので、なんとも感慨深いわけです!
その当時、最高に潔いコレクションで、アルマーニご自身がデッサンされたものを商品化されたとの話もありました。

当時から変わらぬアイコンがこちら。

25年前にカタログの表紙でした。

当時はアイウエア、いえいえ「眼鏡」は、大きいタイプが主流でこの小さなシェイプの眼鏡は異質で、なにせバイヤーさんたちからは人気がなく
さみしかったのを記憶しています。
また、眼鏡といえば日本製がほとんどでイタリア製は受け入れられずでした。

それが徐々に小さなシェイプの眼鏡が受け入れられるようになり、25年経ったいまでは、小さなオーバルは定番にもなりました。
もちろん、おしゃれ大きめなアイウエアも人気ですが。

当時のオリジナルが手元になく本当に残念なのですが、その時を経てフロントのデザインはほぼ当時のままで復刻を果たした
GIORGIO ARMANIのINFINITO!

先日の展示会でも、当時お世話になった編集の方と話が盛り上がり、なんとその編集の方はいまでもオリジナルを持っていただいているとか。

究極なミニマリズムのアイウエア。INFINITO = 無限大。フロントのデザインに注目です。

メガネ、サングラス共にチタンにゴールドプレーティングを纏って満を持しての復刻です!

ここから自分とイタリアとのつながりがスタートした、個人的にも記念のこのアイウエア。

25年経っても美しく佇んでいるのは、完成されたデザインだからですね。

Bravo GIORGIO ARMANI !!と思わず声に出てしまいます。

下記、OPENERSさんでもご紹介いただいています。是非、ご覧になってください。

http://openers.jp/fashion/flagship/giorgio_armani/news_giorgioarmani_46121.html


カテゴリー: 未分類 |